老人性うつ病 アルツハイマー



老人性うつ病とアルツハイマー

素人判断は危険、病気を見分けることにこだわらない

老人性うつ病とアルツハイマー型の認知症は見分けづらい病気として、家族を悩ませる大きな問題のひとつとなっています。

 

特に初期段階では同じような症状がみられます。

 

たとえば、うつ病の症状の代表的なものは、抑うつと呼ばれる気分が沈んで何もやる気が起きない状態ですが、アルツハイマー型認知症を患う多くの方も、やはり抑うつ気分を自覚しているといわれています。

 

つまり、初期の断片的な情報だけで病状を特定するのは容易ではなく、あらゆる可能性があることを認識したうえで、医師やサポートしてくれる方の判断を早めに仰ぐことが大切です。

 

大病も小さな落ち込みから始まることが多い

前提として、どのような方でも加齢とともに外部からの心理的な刺激には弱くなるものであり、若い頃なら耐えられたようなストレスでも、思いのほか心身に影響を与えるようになることに注意が必要です。

 

長年連れ添った伴侶を失うなどの精神的なストレスが発生した場合、喪失感から抑うつ気分が続いた結果、アルツハイマー型認知症へとつながっていくケースなども多いようです。

 

こういった場合、はじめは老人性うつ病であると見なされるかもしれませんが、連続的にアルツハイマー型認知症へとつながっていくため、どちらがどうともいえない可能性があります。

 

逆の場合もしかりで、アルツハイマー型認知症が進行している場合にも、本人からは抑うつ気分ばかりが報告されることもあり、この点でも区別がつかない可能性があります。

 

いずれにしろ、抑うつ状態が見られた場合にできるだけ早く医師の診断をあおげば、抗うつ剤による治療を開始したり、あるいはアルツハイマー型認知症であることが明らかになれば、アリセプトという薬の服用を始めたりできます。

 

よく言われることとして、うつ病の場合は物忘れの自覚があり、認知症では無い、あるいはうつ病では気分の落ち込みがあるが、認知症では少ない、といった違いが挙げられますが、そのような違いが見られる場合は病状が進行している恐れもあります。

 

高齢者にとって抑うつ状態を放っておくことがいかに危険であることを認識し、小さな変化に素早く対処できるサポートが重要です。

Sponsored link




2ヶ月間 うつ病改善プログラム