老人性うつ病 接し方



老人性うつ病患者への接し方

老人性うつ病(高齢者うつ病)というのは若い頃にかかるうつ病と違って、退職をしたことやパ−トナーとの別離や、体力気力の減退や、外出もままならなくなったことなどが原因で発症するとされています。

 

ではそんな老人性うつ病を発症された方とは、一般的にどのように接するのが正しい接し方なのでしょう。

よく言われるのが、うつ病の患者さんへの接し方の基本として、「頑張れ」というセリフは使わないほうがいいといいます。

 

また、老人性うつ病は空虚感などから発症するので、空虚感を紛らわしてあげたいからと、あれこれ仕事やお手伝いをお願いするのも、これも正しくはありません。

 

老人性うつ病の方への接し方、それは老人性うつ病を発症する方は元々責任感が人一倍、いや人の何倍も強いため頑張りすぎたことも原因といえるため、周囲にいる人は少しでもうつ病の方がゆったりと過ごせるような環境を作ってあげるべく、家事なども分担して無理をしないように手伝ってあげるのが一番です。

 

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1650023973599206"
data-ad-slot="5337902970"
data-ad-format="auto">

 

また、すでにかかりつけ医を受診されている方で、薬物療法を取り入れている方は、周囲がきちんと薬を飲んでいるか気を配ってあげることも大切になってきます。

 

うつ病、特に老人性うつ病の方は年齢的なことも重なり、コミュニケーションを取るのも容易でなくなり、周囲も大変だと思います。

 

そういうときこそ周囲が正しい知識をしっかりと身につけて、しっかりとサポートや接してあげることで、老人性うつ病も少しずつ改善してくるのです。

Sponsored link