老人性うつ病 原因



老人性うつ病の原因

最近、若年層や働き盛りにうつが大変増えてきているといわれています。
でもうつは、若い年齢だけがかかる病ではありません。
近年歳をとってからかかる、老人性うつ病(高齢者うつ病)という病気で苦しむ人が増えているのです。

 

では、老人性うつは何が原因で病気を発症してしまうのでしょうか。

 

その原因というのは、たとえば老年期特有の脳機能の低下や脳に起こる病や、脳梗塞などの後遺症が原因で起こることがあります。
これらは確かに老人性うつの原因ではありますが、何もこういった病気だけがうつを引き起こすわけではありません。

 

病気以外の原因には次のようなものがあります。

 

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1650023973599206"
data-ad-slot="5337902970"
data-ad-format="auto">

 

歳を重ねてくると、人との別離もそれなりに経験するようになります。
この別離の中でも長年連れ添ってきた配偶者はもちろん、大事なパ−トナーであったり、家族の一人でもあるペット、さらに大事な子供、身内との永遠の別れや、さらに同じ別離でも転居や引越しによる別離、これもまた老人性うつ病発症の一因となるのです。

 

さらには老人性うつの原因として多くの人が挙げるのが、定年退職をしたことによる、それまでの多忙な毎日から一変した生活での空虚感なども挙げられます。

 

このように見ていくと、これらのすべてに共通していることがあります。そうなんです、失うというということなのです。

 

老人性うつ病の原因それは喪失や喪失感というのが、この老人性うつ病発症の最大の原因となっているといっても過言ではないのです。

Sponsored link