老人性うつ病 治療薬



老人性うつ病の治療薬

うつの治療法にはメンタルケアや薬物療法など、いろいろな治療法があります。

 

老人性うつ(高齢者うつ)でクリニックを訪ねると、ほとんどの場合で抗うつ剤を処方されます。この老人性うつ病に処方される抗うつ剤というのは、若年者などがかかるうつ病の治療時に処方される抗うつ剤とほぼ内容に違いはありません。

 

実際に、老人性うつ病の治療時に処方される抗うつ剤とは、どのような治療薬があるのでしょうか。現在うつ病の治療に多く用いられる薬の種類というのは、5種類あります。

 

その一つ一つを詳しくみてみると、まず現在世界的にもうつ病の治療薬の主流となっているのが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬です。

 

このSSRIというのは脳内のセロトニンを調整する箇所に直接作用し、セロトニン自体の量を調整してくれる働きをするお薬です。不安をうったえる方に特に効果を発揮してくれます。

 

さらにその他にSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)という薬も処方されることがあります。こちらはSSRIと名前は似ていますが、セロトニンだけでなくノルアドレナリンの量も調整してくれる作用があります。

 

また、SSRIやSNRIと同じ効果が得られる薬として、NaSSA(ノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬)という薬もあります。

 

その他三環系抗うつ薬といううつ病の治療薬もありますが、こちらはアセチルコリンという伝達物質も抑えてしまう作用があるため、同時に四環系抗うつ薬という副作用を抑える薬も処方されます。

Sponsored link




2ヶ月間 うつ病改善プログラム