老人性うつ病 予防



老人性うつ病を予防するには

うつ病というのは老人性うつ病(高齢者うつ病)であろうと、若年性うつ病であろうと、年齢などは関係なく一度かかってしまうと治療をしても再発を繰り返したりしやすくなり、なかなか完治が難しい病気といえます。

 

また、なかなか治らない、良くならないだけでなく、治りにくいからこそ治療に時間がかかってしまい、それだけ負担が増すことになります。

 

ですが、老人性うつは重く考えず、苦と思わずに治療していくことが一番大切なことなのです。

 

では、老人性うつ病にならないようにするにはどうすればいいのか?それは予防が一番大事です。老人性うつ病にならないためにはどのように予防すればいいのでしょうか。

 

老人性うつの原因というのはいくつか挙げられますが、まずはストレスをためないこと、これが一番大切です。ストレスがたまること、それは環境の大きな変化です。この変化が老人性うつを引き起こします。

 

たとえば長年勤めた会社を定年したから、今まで住んできた環境をガラッと変えて別の場所に移り住もう、こういったことは実はプラスではなく、大きなうつ病発症の原因となってしまうのです。

 

また、老人性うつ病の予防には体を動かすことがいいからと、必要以上にスポーツを始めると疲れが溜まり、年のせいもあって骨折などをすると、かえってうつ病を発症しやすくなります。

 

老人性うつ病の予防には定期的に主治医の受診をして、周囲が変化に気が付く、気が付いてあげることが重要となってきます。

 

日常のわずかな環境の変化を防いであげることこそが、老人性うつ病を発症しないよう予防できる方法なのです。

Sponsored link




2ヶ月間 うつ病改善プログラム