老人性うつ病 タイプ



老人性うつ病の主なタイプ

老人性うつ病(高齢者うつ病)は、その症状の表れ方から何種類かに分けることができます。

 

一見、異なる病気のように見えますが、「うつ病」というフィルターを通してとらえ、治療することで改善する可能性があります。

 

典型的なうつ病

うつ病の診断では、DSMというアメリカ精神医学会が定めている国際的な診断基準をもとに、うつ病かどうか診断するのが一般的です。

 

以下の項目のうち、1または2の項目を含めて5つ以上あてはまる状態が2週間以上続き、生活支障が出ているようでしたら、うつ病の疑いがあるといえるでしょう。

  1. ほとんど毎日、1日中抑うつ気分が続く
  2. ほとんど毎日、1日中なににも興味が持てず、喜びを感じない
  3. ひどく食欲がないか、逆にやたらに食欲が増して体重も増える
  4. ほとんど毎日、眠れないか、逆に眠りすぎる
  5. ほとんど毎日、イライラして仕方ないか、何もする気が起きない
  6. ひどく疲れやすく、気力がわかない
  7. いつも「自分はどうしようもない人間だ」と感じたり、「悪いのは自分」と、過剰な自責の念にかられている
  8. 考えが進まず、集中力、決断力が落ちた状態が続く
  9. 自殺を繰り返し考える

 

仮面うつ病

「だるくて疲れやすい」「耳鳴りがひどい」「腰が痛い」「頭が痛い」など、いろいろな身体症状が現れ、体の不調を訴えることが続くタイプです。

 

抑うつ気分や思考障害などの心の不調が、身体症状という仮面に覆い隠されているという意味で、仮面うつ病といわれています。

 

高齢者の場合、本当に体の不調が生じていることもありますが、仮面うつ病の場合、それが原因とは考えにくいほどの不調を訴えます。

 

躁うつ病

双極性障害(いわゆる躁うつ病)の一部としてうつ状態が現れるタイプです。若い人に発症することが多いのですが、高齢者にみられることもあります。

 

焦燥型うつ病

不安や焦りが強く、妄想といえるほどの心配にとらわれるタイプです。

Sponsored link




2ヶ月間 うつ病改善プログラム